コンテンツにスキップする
Photographer: David Ryder/Bloomberg
cojp

ボーイング、777Xのデビューに遅れ-主力商用機の生産見直し

A worker rides a bicycle outside of a Boeing Co. facility in Everett, Washington, U.S., on Friday, July 24, 2020. Boeing is scheduled to release earnings figures on July 29.
Photographer: David Ryder/Bloomberg

ボーイングは、大型旅客機777Xのデビューを遅らせるほか、主力商用機全般にわたって生産を見直す。新型コロナウイルス感染拡大に伴うキャッシュバーン(現金燃焼)の悪化に対応する。

ボーイング:2Q収入、市場予想下回る

  同社が29日発表した4-6月(第2四半期)決算資料によれば、777Xの最初の顧客への納入は来年ではなく2022年となる。長距離国際線の利用が落ち込んでいることが理由。787ドリームライナーの生産計画は4四半期連続で引き下げた。同社では、過去最高規模の生産や市場が飽和状態にあることを受けて、未納の航空機在庫が積み上がっている。

  787の生産ペース減速を踏まえ、ボーイングは同型機の生産を現在のワシントン州エベレットとサウスカロライナ州の2カ所から、1カ所に集約するかどうかを検討している。同社はまた、737MAXの増産ペースについて、新型コロナの影響を考慮して当初予定より緩やかにする。またジャンボ機747の生産を段階的に縮小する。

Boeing's jet shipments tumble on travel collapse

原題:Boeing Pares Jet Production, Revamps Portfolio for Long Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE