コンテンツにスキップする

シンガポール金融当局、国内銀行に配当抑制求める-前年の60%以下に

シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行に相当)は29日、同国に本社を構える銀行に対し、今年の配当額の上限を前年の60%に抑えるよう求めた。新型コロナウイルス感染拡大が経済に打撃を与えており、MASは融資の流れを十分に確保したい考えだ。

  MASのマネジングディレクター、ラビ・メノン氏は声明で、「銀行が引き続き経済に資金を回すことができるよう、この先の著しい不透明感に備えて各行が十分な資本バッファーを維持していることを確実にしたい」と説明した。

原題:Singapore Asks Banks to Cap Their 2020 Dividend Payments (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE