コンテンツにスキップする

米豪、「真に自由で公正」な選挙を望む-英国も香港立法会選を注視

  • 米国と豪州は外務・防衛担当閣僚協議をワシントンで28日まで開催
  • 香港国安法に対する「深い懸念」をあらためて表明-米豪共同声明

香港政府が立法会(議会)選挙の最長1年延期を検討していると地元メディアが相次ぎ報じる中で、米国とオーストラリア、英国は立法会選に強い関心を示している。

  米国と豪州は外務・防衛担当閣僚協議をワシントンで28日まで開催。両国は共同声明で、中国が導入した香港国家安全維持法(国安法)に対する「深い懸念」をあらためて表明するとともに、9月6日に予定されている立法会選が実施され市民が「真に自由で公正かつ、信頼でき平和的な選挙を通じて」議員を選ぶことができるよう望んでいるとコメントした。

  ラーブ英外相は中国の王毅外相との電話会談で、英国は立法会選を「注視する」と伝えた。

関連記事

原題:U.S., U.K. Voice Concern as Hong Kong Mulls Election Delay (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE