コンテンツにスキップする

北米各地に種の入った不審な小包届く、中国からか-当局が調査

  • 種を植えたり捨てたりせずに直ちに連絡を-米農務省
  • 「ブラッシング詐欺」の可能性-カナダも警戒

全米各地に届いている中国が発送元とみられる種子の入った不審な小包を連邦当局が調査している。

  米農務省は28日、こうした覚えのない小包を受け取った場合、中に入っている種を植えたり捨てたりせずに直ちに当局に連絡するよう呼び掛ける声明を発表。一方的に荷物が送りつけられる「ブラッシング詐欺」でないという証拠は何もないとしている。

  カナダ食品検査庁(CFIA)も同日の声明で、種の入った小包を一方的に送りつけられたとの報告があるとし、米農務省と同じく種を植えたりしないよう国民に求めた。

  「侵入植物の種だったり害虫が混入していたりする恐れがあり、カナダに持ち込まれれば有害」とし、こうした種子が農業・自然地域に侵入すれば「植物資源に深刻な損害を及ぼす可能性がある」と指摘した。

原題:U.S. Warns Against Planting Mystery Seeds From China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE