コンテンツにスキップする

コロナワクチン、12月までに入手との予想は「合理的」-ファウチ氏

  • スケジュールは「現実的」、自身は「慎重ながらも楽観的」と指摘
  • エアロゾル感染は「ある程度」発生していると「強く疑われる」
トランプ大統領とファウチ所長

トランプ大統領とファウチ所長

Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America
トランプ大統領とファウチ所長
Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は新型コロナウイルスに関して、「12月までに安全で有効なワクチンが手に入るとの指摘は合理的だ」と述べた。

  ファウチ氏は米国教員連盟(AFT)のランディ・ワインガーテン委員長とのウェブキャストで、今年12月のスケジュールは「現実的」だとし、自身は「慎重ながらも楽観的」だと述べた。エアロゾル感染については、「ある程度」発生していると「強く疑われる」とした。

  米国の学校再開に関しては、「基本的な状況」は子供たちの学校への復帰を目指すものだが、「柔軟な対応が求められ、画一的でないようにする必要がある」と指摘。教師は必要に応じて防護具を身に着けるべきだとした。また子供たちは感染が広がりやすい場所ではマスクを着用する必要があるとも述べた。

  無症状の感染が若者の間で広がっているが、子供たちの間でどうやって感染するかは分からないため、教師は学校再開時に「実態解明に関与することになる」と語った。

原題:
Fauci Says ‘Reasonable’ to Expect Covid-19 Vaccine by December(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE