コンテンツにスキップする
Photographer: Andreas Gebert/Bloomberg
cojp

ドルの基軸通貨としての地位にリスク、金上昇が証明-ゴールドマン

  • 金相場予想を引き上げ、投資家に買い持ちを推奨-ゴールドマン
  • 米金融当局は「インフレ・バイアス」にシフトする可能性も
A Umicore SA hallmark sits on a gold bar in the precious metals vault at Pro Aurum KG in Munich, Germany, on Wednesday, July 22, 2020. Silver jumped to the highest in almost seven years and gold continued its march toward a record on expectations there’ll be more stimulus to help the global economy recover from the coronavirus pandemic.
Photographer: Andreas Gebert/Bloomberg

世界の基軸通貨としてのドルの地位が脅かされつつあることを最近の金相場の急上昇が証明していると、ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。

  ゴールドマンのストラテジストらは、米金融当局が「インフレ・バイアス」の方向にシフトする可能性や政治的不確実性の増大、新型コロナウイルスの米国での再拡大を巡る懸念などをドルが直面するリスクとして挙げた。新型コロナ対策のための債務膨張で、ドルの通貨価値が劣化する恐れもあると付け加えた。

  ダニエル・シャープ氏らストラテジストはリポートで、「基軸通貨としての米ドルの寿命に対する本物の懸念が浮上しつつある」と指摘。「金は最終手段と見なされる通貨だ。各国政府がそれぞれの通貨を劣化させ、実質金利を史上最低に押し下げている現在のような環境では特にそうだ」と分析した。

The precious metal has rallied as real interest rates have declined

  ゴールドマンは1年先の金相場予想を1オンス=2300ドルと、従来の2000ドルから引き上げた。

  一方、ブルームバーグ・ドル・スポット指数はここ10年で最悪の7月を終えようとしている。

  ゴールドマンは、米国および各国の債務水準の上昇が、中央銀行や政府がインフレ高進を許すリスクを高めるとして、「結果として拡大したバランスシートと膨大なマネー創造が通貨劣化の懸念をあおる」と指摘。「経済活動が正常化した後の将来のある時点で、積み上がった債務の負担を軽くするために中銀と政府にインフレ加速を容認させる力が働く」と解説した。

原題:
Goldman Warns Dollar’s Role as World Reserve Currency Is at Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE