コンテンツにスキップする
Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg
cojp

東京で266人の感染確認、夏休みもできるだけ外出自粛を-都知事

更新日時
  • 200人以上は2日ぶりで3桁は20日連続、重症者数は21人に増加
  • 大阪府では過去最多の155人、府民に5人以上の宴会自粛要請へ
Pedestrians cross a street in the Shinjuku district in Tokyo, Japan, on Wednesday, July 22, 2020.  Tokyo Governor Yuriko Koike told residents to avoid unnecessary trips outdoors as much as possible during a forthcoming four-day weekend as the total number of coronavirus cases in the city topped 10,000.
Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg

東京都で28日、新たに266人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと小池百合子都知事が記者団に明らかにした。1日当たりの新たな感染者が200人以上となるのは2日ぶりで、3桁となるのは20日連続。

  小池知事は、夏休み中は各地への旅行などできるだけ外出を控えるよう求め、都民に感染拡大防止への一層の協力を求めた。28日時点の重症者数は、前日比2人増の21人となった。

  都内の新規感染者数は21日から26日まで6日連続で200人を超え、23日に過去最多の366人となった。27日は131人だったが、感染経路が不明な人が79人いた。政府は週内に専門家による分科会を開き、感染状況の分析と今後の対策について議論する。

  西村康稔経済再生担当相は28日夕の記者会見で、関係省庁から各自治体や業界団体、大学などへに対し、感染防止のガイドラインの徹底に向けた取り組みの強化策をまとめ、通知を開始したと説明。自治体が、建築物衛生法に基づく立ち入り調査の際に感染防止策を確認することや、大学に対しては学生に感染リスクの注意喚起を強く求める。 

  感染拡大は全国でも見られ、大阪府の吉村洋文知事は28日の対策本部会議で、過去最多の155人の感染者が確認されたことを明らかにした。検査数も最多の2081件だった。吉村知事は、「数だけみれば確実に市中感染が広がっている」との認識を示した。

  同会議では、特措法24条に基づき、府民に対し5人以上の宴会、飲み会の自粛を要請することを決定した。吉村知事によると、期間は8月1日から20日までの20日間。このほか、愛知県の大村秀章知事も28日、過去最多の110人の新規感染者が県内で確認されたことをツイッターで明らかにした。

(小池知事や西村再生相、大阪府知事のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE