コンテンツにスキップする

日産は今期無配の方向、業績悪化でコスト削減なども加速-関係者

更新日時
  • ゴーン問題にコロナ禍追い打ち、日産の業績は低迷-きょう決算発表
  • 通期の業績予想も公表へ、1Q営業損失規模は市場予想下回る見通し

経営の立て直しを進める日産自動車は今期(2021年3月期)の年間配当を見送る見通しだ。28日午後の決算発表時に公表する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

Nissan Motor's Headquarters and Gallery Ahead of Quarterly Earnings Announcement

横浜市の日産本社

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  未公表の情報だとして匿名を条件に話した関係者らによると、5月の決算発表時点では「未定」としていた今期の年間配当をゼロとするとの見通しを示す方向だ。

  日産はカルロス・ゴーン元会長を巡る一連の問題で販売が低迷していたところに、新型コロナウイルス感染拡大の影響による世界的な新車需要の急減が追い打ちをかけて業績が悪化。前期(20年3月期)はリストラに伴う固定資産の減損などで、6712億円の純損失と2000年3月期以来の規模に拡大していた。

  前期の年間配当は期初に40円を見込んでいたが、結果的には前の期比47円減となる10円まで減少した。アライアンスのパートナーで日産と同様に業績が悪化している三菱自動車も今期の年間配当をゼロとする方針を示した。

  日産の株価はこの日の取引開始直後に一時前日比4.8%安となる408.9円の日中安値を付けた。その後、下げ幅を縮小していたが午後に今期の無配方針の報道が出たことで再び下落幅が拡大、4.3%安の410.8円で取引を終えた。

  日産広報担当の百瀬梓氏はコメントを控えた。

  ブルームバーグが集計した第1四半期(4-6月期)の営業赤字額のアナリスト予想平均値は2529億円となっていたが、関係者によると、日産が進めてきたコスト削減の進展などが奏功して実際の赤字額は1500億円程度にとどまる見通し

  関係者によると、きょう午後5時に発表を予定している決算では、5月の時点では新型コロナが事業に与える影響が未確定なため合理的に算定するのが困難として公表していなかった今期の業績予想も発表する見通し。

  ブルームバーグが集計したアナリスト15人の今期の純損失の予想平均値は3124億円となっている。

  

  

  

  

  

  

  

(株価情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE