コンテンツにスキップする

香港、9月の議会選挙延期か-コロナ拡大で8月上旬発表も

更新日時
  • 香港政府は現職議員の任期1年延長を全人代に提案する方針-香港01
  • 選挙延期は中国が「惨敗の可能性回避」するため-民主派の朱凱廸氏

香港政府は9月6日に予定している立法会(議会)選挙の延期を検討していると地元メディアが相次いで報じた。香港では新型コロナウイルス感染が急増しているが、予定通りの実施で勝利を目指していた民主派候補からは批判が出ている。

  香港経済日報が匿名の関係者を引用して報じたところによると、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の諮問機関である行政会議が28日に延期について協議することにしていた。

  同紙や信報財経新聞、インターネットメディアの香港01によれば、政府は8月上旬に選挙延期を宣言する可能性がある。立法会選の立候補受け付け期限の今月31日の後に発表する方向だが、その前に情報が報道機関に漏れたことから、発表時期は不透明になっているという。

Evening in Hong Kong as Over 100 Local Virus Cases Logged for Third Day

香港・深水埗の市場を通るマスク姿の人々(7月24日)

  香港01はこれとは別に、香港政府が中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に立法会の現職議員の任期1年延長を提案する方針だと報じた。情報源は特定していない。

  最近は香港で新型コロナ感染者が急増。当局によるコロナ対策で従来の選挙運動が難しくなっており、数日前から延期論が広がりつつあった。香港政府は27日、公共の場所で集まることができる人数を29日から2人までに制限すると発表した。

  行政会議の招集人を務める陳智思(バーナード・チャン)氏は27日のインタビューで、「立法会選の実施はますます難しくなっているように見える」と説明。

  一方、民主派の朱凱廸立法会議員はツイッターで、「惨敗の可能性を回避」するために中国が立法会選を延期したがっていると指摘。政府に批判的な著名候補の出馬を認めなかった場合に米国の追加制裁を懸念しているからだと分析した。

原題:Hong Kong May Delay Looming Legislative Elections, Reports Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE