コンテンツにスキップする

アルゼンチンの主要債権団に新たなファンドが参加-交渉力高まる

アルゼンチンの債務再編交渉で、主要債権団に新たに多数の投資ファンドが加わり、この債権団の交渉力が高まっている。

  事情に詳しい関係者によれば、650億ドル(約6兆8600億円)規模の債務再編において政府側からより有利な条件を引き出そうとしている債権団に大型ファンドが参加した。  

  アドホック・ボンドホルダー・グループ、エクスチェンジ・ボンドホルダー・グループ、アルゼンチン債権者委員会の一部を含む30の投資ファンドがグスマン経済相に書簡を27日送付し、合意に基づく取り決めに達することを望んでいると表明。ブルームバーグ・ニュースがこの書簡の写しを確認した。

  この書簡には先に報じられていたブラックロックやVRキャピタルに加え、ブルーベイ・アセット・マネジメントやフィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ、アムンディ・アセット・マネジメント、ゴールデンツリー・アセット・マネジメント、ウェリントン・マネジメントも署名した。

Argentina's bonds hovered around 40 cents in weeks before latest debt offer

  債権団の報道対応担当者はコメント要請に応じていない。経済省にもコメントを求めたが返答はなかった。

  書簡によると、これらのファンドはアルゼンチンによるこれまでの債務再編で交換された債券残高の60%、2016年以降に発行されたグローバル債残高の51%を代表しているという。

原題:Argentina Creditors Boost Bargaining Power With New Funds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE