コンテンツにスキップする

米国と英国、ユーロ圏の経済成長見通しを下方修正-フィッチ

フィッチ・レーティングスは、2020年の新型コロナウイルス不況による国内総生産(GDP)への影響が今後数年間続くと予想。主要先進国のGDP水準が20年代半ばまで、新型コロナ感染拡大発生前のトレンドを3-4%程度下回り続けるとの見通しを示した。

  フィッチは世界経済見通しで対象とされた先進国10カ国について、20ー25年の年率潜在成長率が(非加重)平均すると、従来予想を0.6ポイント程度下回ると予測した。

  米国の潜在成長率は1.4%と、従来の1.9%から下方修正。英国は0.9%(従来1.6%)、ユーロ圏(ドイツとフランス、イタリア、スペインの加重平均)は0.7%(同1.2%)にそれぞれ修正した。

  フィッチはリポートで、資本蓄積の見通しの弱さが潜在成長率の修正要因の約半分で、残りは失業率の上昇と平均労働時間の持続的減少に伴い予想される労働投入量の減少で説明されると指摘した。

この情報源はこちら

原題:
Fitch Ratings Cuts Growth Outlook for U.S., U.K., Eurozone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE