コンテンツにスキップする

アップル、JPモルガンのフォーカスリストから外れる

  • 四半期決算発表までアップルの目先の明るい材料は限定的とみている
  • アナリストはアップルのより長期的な利益の軌道には引き続き楽観的
Apple Reopens All Stores In Japan

Bloomberg

Apple Reopens All Stores In Japan

Bloomberg

米銀JPモルガン・チェースのアナリスト・フォーカスリストから米アップル株が外された。四半期決算発表まで目先の明るい材料は限定的とみている。

  24日の終値までの過去3カ月でアップルの株価は31%近く値上がりした。上昇率はS&P500の情報技術(IT)指数(約18%)を大きく上回り、S&P500種株価指数(約12%)の倍以上となる。27日の米株市場の通常取引では2.4%高で終了した。

  JPモルガンのアナリスト、サミク・チャタジー氏は、現在のバリュエーション(株価評価)の下で「さらに上向くと期待する投資家は、目先の明るい材料を当てにするのではなく、より長期的な利益の軌道に注目すべきだ」と指摘した。

  さらに第5世代(5G)移動通信システムの追い風と、近く公表される決算で「利益が予想を上回る可能性」については、既に株価に織り込み済みのように見えると分析した。

Shares have outperformed tech and the broader market

原題:Apple Removed From JPMorgan Focus List in Latest Sign of Caution(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE