コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は続落、新型コロナ懸念で-ドイツ債は上昇

27日の欧州株式相場は2営業日続落。世界的に新型コロナウイルスの感染防止対策が講じられているにもかかわらず、感染者が増加していることが嫌気された。

  ストックス欧州600指数は0.3%安。旅行や娯楽関連、銀行株が下落した。スペインのIBEX35指数は1.7%安と、欧州株の中で最大の下げ幅となった。スペインでは再び新規感染者の増加が加速し、英国政府はスペインからの渡航者に隔離措置を義務付けた。

Regional stock market recoveries have diverged since the depths of the sell-off.

  欧州債市場ではドイツ債が上昇。中核国および準中核国の国債が買われた。市場関係者は夏季のユーロ圏入札減速に注目している。

  ドイツ債の利回り曲線はブルフラット。イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して148bp。

  英国債は10年債を中心に上昇した。

  ドイツ10年債利回りは4bp下げてマイナス0.49%、フランス10年債利回りも4bp下げてマイナス0.19%。イタリア10年債利回りは1bp下げて0.98%。

原題:European Stocks Fall Again on Fears of Second Wave of Infections(抜粋)

Bunds Bull Flatten, Italian Bonds Steady; End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE