コンテンツにスキップする

グーグル、在宅勤務を来年7月まで延長する方針-従来は今年末まで

Pedestrians are reflected in a window looking into a lobby of the Google Inc. offices in New York.
Pedestrians are reflected in a window looking into a lobby of the Google Inc. offices in New York. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Pedestrians are reflected in a window looking into a lobby of the Google Inc. offices in New York.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米グーグルは来年7月まで従業員を在宅勤務とする方針だ。米国の多くの地域で新型コロナウイルスの猛威が続く中、オフィス復帰はさらに遠のいた様子だ。

  グーグルはこれまで、今年末まで在宅勤務が可能だと従業員に通知していた。スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は従業員に宛てた27日付の電子メールで、オフィス復帰を遅らせることで事前の計画が容易になるとし、新方針は世界の従業員に適用されると説明した。

  フェイスブックアマゾン・ドット・コムなど他のテクノロジー大手企業は、少なくとも来年初めまで在宅勤務が可能だと従業員に通知している。

  グーグルのオフィス復帰延期については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に伝えていた。

原題:
Google Is Letting Employees Work From Home Until Next July(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE