コンテンツにスキップする

米共和党の経済対策案、失業者向け連邦給付金の減額盛り込む-関係者

米上院共和党は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う追加景気対策の一環として、失職前給与の70%を失業者に支給できるシステムを州政府が構築するまで、連邦政府が失業保険の上乗せ給付を現行の週600ドルから200ドルに減額して実施することを提案している。計画を知る関係者2人が明らかにした。

  計画が非公開だとして匿名を条件に話した関係者らによると、トランプ政権の同意を得ているこの計画では2カ月の移行期が設けられ、州政府はその2カ月で新たな算定に基づく給付を実施できない場合、さらに最大2カ月間の免除を申請することができる。

  マコネル上院院内総務をはじめとする共和党幹部らは、米東部時間27日午後4時30分の上院本会議招集後、総額1兆ドル(約105兆円)規模の共和党経済対策案に含まれる一連の法案を発表する予定。

原題:Republicans Would Cut Unemployment Payments in Virus Relief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE