コンテンツにスキップする

リーマンの女性「スターアナリスト」元ディストレスト債責任者が死去

米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年に経営破綻する前にディストレスト債チームの責任者を務めていたベテランアナリスト、クリスティン・デーリー氏が死去した。

  デーリー氏の直近の雇用主である投資銀行シーポート・グローバル・セキュリティーズ(本社ニューヨーク)が26日に確認した。死因は明らかにされていない。公開記録によれば、同氏は1958年7月生まれ。

  ニューヨーク大学スターン経営大学院卒のデーリー氏と米証券会社ベアー・スターンズで共に勤務し、現在はカウエンでクロスアセット共同責任者を務めるジェイ・マクダーモット氏は26日の電話取材に対し、「クリスティンはリサーチアナリストのスターだった。バンクローンの市場全体は実際、1990年代中頃に成長した。彼女は草分けでありビッグネームだった」と振り返った。

Manhattan Theatre Club's Winter Benefit "An Intimate Night"

クリスティン・デーリー氏

写真家:Henry S. Dziekan III / Getty Images


原題:Christine Daley, Lehman’s Star Distressed Debt Analyst, Dies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE