コンテンツにスキップする

電動トラック関連銘柄に上昇余地、マクドナルド決算に期待-バロンズ

米テスラの株価急伸を受け、投資家は電動トラック業界でテスラに相当する銘柄に資金を投じている。ただ、競争は厳しく、テスラのようなリターンを獲得することは困難かもしれない。米経済紙バロンズは7月27日号のカバーストーリーで電動トラック関連銘柄を調査した。

主なポイント:

  • ニコラは売り上げも利益も上げておらず、同社の水素燃料電池トラックは2023年まで利用できない。それにもかかわらず、一部アナリストは同社株にさらなる上昇余地があると予想している
  • バラード・パワー・システムズの株価は、同社の水素燃料電池技術に対するウォール街の新たな熱意に押し上げられている。同社の燃料電池は主にトラックやバスに搭載されている。既に株価が上昇しているにもかかわらず、同銘柄をカバーする8人のアナリストのうち5人が投資判断を「買い」としている
  • 電動トラックメーカー、ワークホース・グループの株価はここ1カ月で約230%上昇。同社は米郵政公社(USPS)に車両を供給するための入札に参加している。入札で勝利した場合、株価は現在の約15ドルから目標の27ドルに達する可能性があるとロス・キャピタル・パートナーズのアナリストが指摘

最新号の他のハイライト:

  • 鎌状赤血球症の治療が成功すれば、それは遺伝子治療の可能性を実証することになり、クリスパー・セラピューティクスなどの企業にとって追い風となる
  • マクドナルドの株価は新型コロナウイルス感染拡大の初期段階では下落していたが、決算が発表されたら持ち直す可能性がある。ドライブスルーのセットやバーガーの需要が増加するなど、ファストフードの大幅改善の兆しが示されている。 バロンズによると、決算は予想を容易に上回る可能性がある

原題:
BARRON’S ROUNDUP: Electric Trucks; Sickle Cell Cure; Fast Food(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE