コンテンツにスキップする

ユーロ圏経済の回復、米国より力強い足取りへ-コロナ対応で差

更新日時
  • 厳しいロックダウンで4-6月はユーロ圏の方が大きな落ち込みに
  • しかし最近のデータは欧州がより力強く回復していることを示す

新型コロナウイルス危機からの景気回復では、ユーロ圏経済は米国よりも力強い足取りをたどるとみられる。ウイルス対応の違いが差を生む格好だ。

  米国は感染拡大の封じ込めに失敗し、景気回復にブレーキがかかっている。一方、欧州では米国同様の感染者急増を招くことなく、ホットスポット(中心地)だった地域の多くで経済活動を再開できている。  

Daily Activity Indices

In the race to recover, Europe extends its lead over the U.S. and U.K.

Sources: Bloomberg Economics, Google, Moovitapp.com, German Statistical Office, BloombergNEF, Indeed.com, Shoppertrak.com, Opportunity Insights

  ゴールドマン・サックス・グループは「ユーロ圏が他のどこよりも急速かつスムーズな景気回復」を遂げそうな理由の1つとして、効果的なウイルス対策を挙げている。欧州担当チーフエコノミストのヤリ・ステーン氏は「ユーロ圏が向こう1-2年で米国を上回る成長となりそうなのは非常に珍しいことだ」と述べた。

  厳しいロックダウン(都市封鎖)措置により、4-6月(第2四半期)はユーロ圏経済の方が米国よりも深い落ち込みになるとみられる。今週発表される4-6月のユーロ圏域内総生産(GDP)はブルームバーグの調査では前期比12%のマイナス成長が予想されている。一方、米国の4-6月GDPは年率換算35%減、前期比で約10%のマイナスが見込まれている。

The U.S. is struggling to contain the spread of the coronavirus

  しかし、幾つかのデータでは欧州がより速いペースで回復していることが示されており、ブルームバーグ・エコノミクスはその差が最近広がっているとみている。

  JPモルガン・チェースは、2020年の成長率はユーロ圏がマイナス6.4%、米国がマイナス5.1%になると予想。しかし21年は、ユーロ圏が6.2%増となり、2.8%増が見込まれる米国の倍余りの成長になると予想している。

  米国は南部と西部で新型コロナ感染者が急増し、複数の州が経済活動再開を停止したり、後戻りを余儀なくされている。人々の移動や外食の予約状況を示す指標は停滞しており、新規失業保険申請件数も依然として毎週100万件を超えている。

  一方、7月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)は予想を上回る上昇となった。これに対し米国のPMIは製造業、サービス業ともに予想を下回った。

  米国の経済状況は、追加経済対策で失業給付金の週600ドル上乗せが延長されなければ一段と悪化する可能性がある。同給付金が過去数カ月の所得と消費を支えてきたからだ。マコネル共和党上院院内総務は27日に追加経済対策の共和党案を発表する。

European equities outperformed peers globally since mid-May
参考記事
米共和党の追加景気対策案、失業前賃金の70%補填-大統領首席補佐官
米共和党の追加景気対策案、1200ドルの個人直接給付の第2弾を検討

原題:
Europe’s Economy to Outpace U.S. in Upending of Past Roles (1)(抜粋)

(7段落目以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE