コンテンツにスキップする

犬が新型コロナ感染の有無を嗅ぎ分け、短期間の訓練で-ドイツの研究

数日間の訓練を受けた犬は、人が新型コロナウイルスに感染しているかどうかを嗅ぎ分けられることが、ドイツの獣医科大学などの研究で明らかになった。

  ハノーバー獣医科大学が率いる予備的研究によると、ドイツ軍の犬8頭を訓練したところ、わずか1週間で新型コロナ感染の有無をほぼ正確に判別できるようになった。成功率は94%に上ったという。実験では、健康な人と新型コロナ感染者合わせて1000人余りの唾液を犬に嗅がせ、感染の有無を判別させた。

relates to 犬が新型コロナ感染の有無を嗅ぎ分け、短期間の訓練で-ドイツの研究

犬のフリーダ。新型コロナ感染の有無を嗅ぎ分ける

  ハノーバー獣医科大学のマーレン・フォン・ケックリッツブリックウェーデ教授は、ユーチューブに投稿した動画でこのプロジェクトについて、「感染した人の体内では代謝プロセスが全く異なるものに変化するため、この方法は有効だと考えている」と指摘。犬には代謝プロセスの変化を嗅ぎ分ける能力があると考えられると説明した。

  研究者らは適切な訓練を施した犬を感染者識別の目的で空港や国境地帯、スポーツイベント会場などに配備することも可能だと指摘した。今回の研究はハノーバー獣医科大学のほか、ドイツ軍やハノーバー医科大学などが共同で実施した。

  フォン・ケックリッツブリックウェーデ教授によれば、次のステップは新型コロナとインフルエンザのような別の病気とを区別できるよう犬を訓練することだ。

原題:Dogs Can Sniff Out Coronavirus Infections, German Study Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE