コンテンツにスキップする

韓国文化相、対日本で地域の連携構築も-戦時人権問題で緊張再燃警告

韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光相は23日、長崎市の軍艦島(端島炭鉱)で朝鮮半島出身者が強制的に働かされた過去を日本が認めなければ、緊張を再び高めることになると警告した。日本政府に植民地支配の行動の責任を取らせるため、韓国政府として地域的な連携を築く用意があるとしている。

  朴氏はインタビューで、軍艦島で人権侵害があったことを日本が公に認めないのであれば、国際的な批判は「不可避」だろうと発言。韓国が支持を働き掛ける国々について詳述するのは避けた。戦時の過去を巡る日本の説明の取り組みに最も批判的な国の1つは中国だ。

韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光相

Source: Bloomberg)

  朴氏はソウルでブルームバーグ・ニュースに対し、「日本が歴史を歪曲(わいきょく)し続けるのであれば、韓国はアジアの他の国々とともに他の問題についても対応する」と述べるとともに、「われわれが現在直面しているのと同様の状況に直面する国々のことも当然支持する」と語った。

  6月に東京都新宿区にオープンした「産業遺産情報センター」の資料に、軍艦島に徴用された労働者が支払いを受け、扱いが良かったことを示唆する内容があったことで、過去何十年にも及ぶ論争が再燃した。韓国はセンターの展示を「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録を巡って日本を支持した2015年の合意に違反するものだと考えており、展示変更ないし国連教育科学文化機関(ユネスコ)の登録取り消し検討を望んでいる。

South Korea Culture Minister Park Yang-woo Interview

朴良雨文化体育観光相

  日本の外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は先月、金丁漢(キム・ジョンハン)韓国外務省アジア太平洋局長との間でテレビ会議を行い、日本として登録や抹消を決める世界遺産委員会における決議・勧告を誠実に履行しているとし、軍艦島に関する展示についての韓国の主張は「受け入れられない」と反論した。

  22日に日本の反応についてさらなる説明を要請したのに対し、日本の外務省は直ちにコメントする準備はないと返答。スポーツの日で祝日の24日、朴氏の発言に関してソウルの日本大使館にコメントを求めたが、返答はない。

Industrial Incubator

Hashima was a key site in Japan's 19th century modernization drive

Source: Bloomberg

原題:South Korea Warns Japan of Coalition to Highlight Wartime Abuses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE