コンテンツにスキップする

米追加経済対策、給与税減税盛り込まず-ムニューシン財務長官が言明

ムニューシン米財務長官は23日、トランプ大統領が求める給与税の支払い減免は次回の包括的経済対策には含まれないと言明したが、その後の経済対策には盛り込まれる可能性は否定しなかった。

  ムニューシン長官は米経済専門局CNBCとのインタビューで、「基本法案に給与税減税は含まれないが、これはCARES法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)4.0の話であり、CARES法5.0があるかもしれない」と述べた。

  トランプ大統領は今週、給与税減税が盛り込まれていない経済対策法案には署名しないと言明している。ムニューシン氏の発言は、トランプ氏の姿勢に正面から対立するもの。

  給与税減税の除外は、このままでは議会の支持を得られない現実をトランプ政権が認めたことを反映している。共和党上院議員らは総じて給与税減税には否定的で、民主党は上下両院ともにこれ以上の広範な減税には反対している。

原題:Mnuchin Says Payroll Tax Holiday Not in Next Stimulus Bill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE