コンテンツにスキップする

トルコ中銀、前月に続く政策金利据え置き-市場予想に一致

トルコ中央銀行は23日、政策金利据え置きを発表した。据え置きは前月に続き2カ月連続。新型コロナウイルスの影響から経済が立ち直りつつある中で、インフレの上昇を見極める姿勢を取った。

  金融政策委員会(MPC)は政策金利の1週間物レポ金利を8.25%で維持した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では全員が据え置きを予想していた。今回はウイサル総裁が1年前に就任して以降で初めて、エコノミスト全員の見方が一致した。

Hold Consensus

Economists in agreement on Turkey rate decision first time this year

Source: Bloomberg

  トルコ中銀は前月までの9カ月間で計15.75ポイントの利下げを実施しており、市場の注目は利上げの可能性に集まっている。

Turkey's central bank paused rate cuts as inflation accelerated

  アルバイラク財務相はロックダウン(都市封鎖)が終わり需要が回復しているとして、景気のV字回復に期待していると述べた。

原題:Turkey Holds Rates for Second Month in Face of Lira, Price Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE