コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、6月は4カ月ぶり増加-低いローン金利支えに

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した6月の中古住宅販売件数は4カ月ぶりの増加となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う制限措置を解除し経済活動を再開する動きが広がったほか、過去最低水準の住宅ローン金利が買い手を後押しした。

キーポイント

  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比20.7%増
    • 販売件数は472万戸
    • ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は475万戸
    • 前年同月比(季節調整前)では3.4%減
    • 前月は391万戸
  • 中古住宅価格(中央値)は29万5300ドル-前年同月比3.5%の上昇
U.S. previously owned home sales jump as lockdowns ease, rates plunge

インサイト

  • 米経済を支える住宅市場の持ち直しを示す統計内容だが、雇用が大幅に減少したことや、新型コロナ感染再拡大で一部地域が経済再開計画を巻き戻していることなどから、販売ペースをコロナ前の水準近くに維持するのは難しい可能性がある
  • 種類別では一戸建て住宅が19.9%増、コンドミニアムが29.4%増
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 「住宅市場は活況だ。絶好調だ」
    • 販売全体に占めるコンドミニアムの割合が約9%と通常(12%)より低かったのは、新型コロナで一戸建てがより望まれるようになったためか、自宅を仕事場としても活用する必要が生じたためなどだろう
  • ムーディーズ・アナリティックスの金融政策調査担当責任者、ライアン・スイート氏:
    • 「全体的に見て住宅市場は、米経済でV字型回復に入っている領域の一つ」。背景には「住宅ローン金利が過去最低に近いこと、今回のリセッション(景気後退)が高所得世帯よりも低所得世帯、つまり賃貸物件に住む層にはるかに大きく影響していること」などがある

詳細

  • 中古住宅の在庫は前年同月比18.2%減の157万戸-13カ月連続の減少
  • 販売に対する在庫比率は4カ月
  • 販売は4地域全てで増加-増加率は西部31.9%、南部26%、中西部11.1%、北東部4.3%
  • 統計表

原題:U.S. Sales of Previously Owned Homes Rebound on Lower Rates (1)(抜粋)

U.S. June Existing-Home Sales Rise Record 20.7% to 4.72m Rate(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE