コンテンツにスキップする

ECB、年内の配当見送りを銀行に要請する方向で検討-関係者

  • ECB銀行監督委員会の一部、復配前により確実な経済見通しを望む
  • BNPパリバなど配当再開求めロビー活動、最終判断は数日以内にも

欧州中央銀行(ECB)は、少なくとも年内は配当を見送るよう銀行に要請する方向で検討している。10-12月(第4四半期)の配当再開を期待している投資家に、冷や水を浴びせることになりそうだ。

  事情に詳しい複数の関係者によると、ECB銀行監督委員会の一部メンバーは、銀行の復配を正当化できるほどの確かな見通しが経済にはまだないと考えている。最終的な決断はまだだと、非公開の情報だとして匿名を要請した同関係者が述べた。

  ECBの報道官はコメントを避けた。

  ブルームバーグは6月、仏BNPパリバなど複数の銀行が配当再開の許可を求めてロビー活動を展開していると報じた。株価押し上げが狙いだ。スイスのUBSグループは21日、年末にかけて株主への資本還元を再開できる可能性があると示唆していた。

  関係者によると、事実上の配当禁止措置を延長するかどうかの最終判断は数日以内に下される可能性がある。関係者のうち2人は、ECBが直接監督していない小規模銀行についてはユーロ圏各国の監督当局が配当を認めることもあり得ると語った。また、資本維持のために現金ではなく株式で配当を支払う選択肢もあると、関係者の1人は指摘した。

原題:ECB Leans Toward Asking Banks to Halt Dividends This Year (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE