コンテンツにスキップする

中国フィンテックの陸金所、米IPOで30億ドル調達目指す-関係者

更新日時

中国の大手フィンテック企業、上海陸家嘴国際金融資産交易市場(陸金所)は、米国での新規株式公開(IPO)で少なくとも30億ドル(約3210億円)の調達を目指すと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、中国平安保険(集団)の傘下にある陸金所は早ければ年内の米国IPOを考えている。当初は香港上場を検討していたという。

  議論は進行中で、IPOの規模やスケジュールは変わる可能性があるとも関係者は述べた。米中の政治的緊張も上場計画に影響する可能性があると、関係者の1人が語った。

  陸金所は非公表の上場申請書の提出を準備していると、ロイター通信が22日先に報じていた。同社の担当者はコメントを控えた。

  陸金所はかつて貸し手と借り手をインターネット上で結び付けるピア・ツー・ピア(P2P)融資で国内大手の1社だったが、今ではウェルスマネジメントや個人向け融資を提供するオンライン大手企業に成長した。

原題:Chinese Fintech Firm Lufax Said to Target $3 Billion in U.S. IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE