コンテンツにスキップする

米国が在ヒューストン中国総領事館閉鎖を命令-中国は報復表明

更新日時
  • ポンペオ米国務長官、「国民守るために行動起こす」と言明
  • 中国、在武漢の米国総領事館閉鎖を検討-ロイター

米国がテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じ、中国は報復措置を取ると表明した。両国間で最大級の外交問題となりつつある。

  中国外務省の汪文斌報道官は22日、北京での定例記者会見で、米国が3日以内の総領事館閉鎖を要求したと明らかにし、「前代未聞のエスカレーション」だとコメント。「米国がこの誤った決定を撤回しないならば断固とした対抗措置を取る」と言明した。 

  米国務省はその後に発表した声明で、総領事館閉鎖を命じたことを確認。「米国の知的財産と米国民の個人情報を守るため」在ヒューストン中国総領事館の閉鎖を命じたと説明した。

  ポンペオ米国務長官は22日、訪問先のデンマークで開かれた記者会見で総領事館閉鎖の理由を問われたのに対し、知的財産に関する中国の行動を挙げて「数多くの雇用が犠牲になっている」と答え、具体的な説明を避けた。

  「中国共産党がいかに行動するかについて、米国は明確な期待を示しており、それに反する行動があれば、米国は国民を守るために行動を起こす」と言明した。

  米中は貿易や第5世代(5G)移動通信ネットワーク、領土問題、新型コロナウイルス流行の責任などで衝突している。米司法省は21日、中国人ハッカーが中国政府のために新型コロナ研究を「数テラバイト」のデータを盗み出したか、盗もうとしたとして2人を起訴した。

  中国は武漢の米総領事館を閉鎖させることを検討していると、ロイター通信が事情に詳しい関係者を引用して報じた。

  中国は、米国が外交当局者らに嫌がらせをしたほか中国人学生を脅迫し、個人所有の電子機器を没収したり理由なく拘束したりしたとも主張。中国の在外公館や職員が爆発物設置や殺害の脅迫を最近受けたとも説明した。

  声明で「侵入や干渉は中国の外交政策の遺伝子と伝統には無縁のものだ」とコメントした。特定の事項には言及しなかった。

  汪報道官は、「中米関係を損なうこのような理不尽で正当性のない行為を中国は強く非難する」とし、「米国が直ちに誤った決定を撤回することを強く求める。さもなければ、中国は合法的かつ必要な措置を取る」と表明した。

中国の在ヒューストン総領事館閉鎖についてデレク・ウォールバンク記者が伝える

Source: Bloomberg)

 

  ヒューストン時間21日夜に中国総領事館で紙類が燃やされているとの目撃情報を受けて現地警察と消防当局が駆けつけていたと、ヒューストン・クロニクルと地元テレビ局が報道。オンラインに投稿された動画では、複数カ所で火が上がり、煙が立ち上っている様子が見える。現地のテレビ局によると、消防当局は現場検証のための施設内への立ち入りが許されなかったという。

原題:China Vows Retaliation After U.S. Shutters Houston Consulate (1)(抜粋)

(第4、5段落にポンペオ米国務長官の発言を加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE