コンテンツにスキップする

中国とフランス、航空機販売と5Gでの協力強化を表明

  • 21日のビデオ会議、経済やテクノロジー分野の優先事項を提示
  • エアバスから中国航空会社への機材納入巡る活発な議論を評価

中国とフランスは、航空機販売や第5世代(5G)移動通信ネットワークの分野で一層緊密に協力するとビデオ会議で約束した。会議では新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による不況や米国との競争激化の中で、両国にとって最大の経済的懸念の一部が鮮明になった。

  中国財政省は21日の声明で、エアバスから中国航空会社へのジェット機納入に関する今年の活発な議論と、将来の関係強化を両国として「強く評価する」 と表明した。声明は中国の胡春華副首相とフランスのルメール財務相が共同議長を務めた会議の概要を示した。

  中国の顧客に予定通りに航空機を納入できれば、エアバスにとっては今後数カ月にわたって追い風が吹く。新型コロナ感染拡大による旅行需要急減で同社の顧客は航空機引き渡しの延期や中止を求めざるを得ない状況にあり、エアバスは生産縮小を余儀なくされていた。エアバスからのコメントは得られていない。

  共同声明では、中国通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の名前に言及しない形で、同国の5G技術を売り込む政府の姿勢も示唆された。米国は中国による先進技術の追求を遅らせようとファーウェイの5Gネットワーク構築を西側諸国で凍結させたい意向だが、ルメール仏財務相は21日、ファーウェイに対して全面禁止を計画していないが、機密の部分は保護すると述べた。

  21日の声明は、「双方は公正で差別のない市場環境を確保するための取り組みで協力し、各国企業が市場原則とセキュリティー原則に沿って5Gネットワーク構築に参加することを奨励する」とした。

原題:
China and France Pledge More Cooperation on Plane Sales, 5G (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE