コンテンツにスキップする

ユナイテッド、6000人余り自主退職パッケージ受け入れ-コスト削減で

  • 同社は3万6000人に対し雇用が脅かされる恐れがあると今月通知
  • 7-9月の1日当たりの平均現金流出額を2500万ドルに抑える

ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは、7-9月(第3四半期)の1日当たりの平均現金流出額を2500万ドル(約26億7000万円)に抑える方針だ。4-6月は4000万ドルだった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う需要急減からの不安定な回復の足取りに備える。

  21日の発表資料によると、従業員6000人余りがコスト削減のための自主退職パッケージ受け入れを選択した。同社は3万6000人に対し、連邦政府の給与支援プログラムの9月末終了時に雇用が脅かされる恐れがあると今月通知していた。

  ユナイテッドは、4-6月の調整後損益が26億ドルの赤字となり、「94年の歴史で最も厳しい四半期」だったと説明。新型コロナ感染拡大を受け、旅客需要は3月と4月に激減し、米政府は250億ドル規模の航空会社支援に動いた。

原題:United Air Sees Lower Cash Burn With 6,000 Workers to Exit (1)
United Says More Than 6,000 Employees Took Voluntary Separation(抜粋)  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE