コンテンツにスキップする

トランプ氏、米国民にマスク着用促す-再開コロナ会見で警戒示す

更新日時
  • 「恐らく、残念だが良くなる前に状況は悪化するだろう」と発言
  • 大統領の会見はこれまでと比べ著しく控えめなトーンとなった

トランプ米大統領が21日、新型コロナウイルスに関する会見を再開した。米国民にマスク着用を奨励し、数カ月前は激しく非難していた州知事らをパートナーと呼ぶなど、これまでと比べ著しく控えめなトーンとなった。

  トランプ大統領は会見で、「マスクが好きでもそうでなくても、効果はある」と述べ、ソーシャルディスタンス(社会的距離)が保てない場合にマスクを着用するよう促し、若者にはバーや混雑した場所を避けるよう求めた。

  大統領は「われわれはウイルスを打ち負かす」としながらも、「恐らく、残念だが良くなる前に状況は悪化するだろう」と発言し、感染者の急増に警戒感を示した。

  トランプ氏は、感染拡大と闘うため、サンベルト地帯各州の知事や病院と政権が緊密に連携していると発言。政権への設備要求で果たされていないものはゼロであり、「どの知事も現時点で何も必要としていない」と語った。

ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(7月21日)

(出典:ブルームバーグ)

原題:Trump Reboots Virus Briefings With Warning and a Shift in Tone、Trump Asks Americans to Wear a Mask When Not Able to Distance、Trump Says U.S. Working ‘Aggressively’ on Virus Cases in Sunbelt(抜粋)

(大統領の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE