コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は続伸、EU再建策合意を好感-イタリア債が上げ縮小

21日の欧州株は続伸。新型コロナウイルスの打撃を受けた欧州諸国を支援するため、欧州連合(EU)首脳らが7500億ユーロ(約92兆2000億円)規模の経済再建策で合意したことが好感された。

  ストックス欧州600指数は0.3%上昇。一時、節目となる200日移動平均を上回った。UBSグループは2.6%高。4-6月(第2四半期)決算では、グローバルウェルスマネジメント部門の資金流入が市場予想を上回った。ノバルティスは1.9%安。今年の売上高見通しを下方修正したことが売り材料となった。

  欧州株のパフォーマンスは、実質的な復興基金である再建策が最初に提示された5月以降、米国や世界の株価を上回っている。

European stocks climb above 200-day moving average after recent gains

  欧州債市場ではイタリア債が上げ幅を縮小。ドイツ債はほぼ変わらずだった。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは一時、2月以来の小幅まで縮小した。

  英国債は中期債を中心に小幅高。5年債利回りは過去最低のマイナス0.1%をつけた。

  ドイツ10年債利回りはマイナス0.46%で変わらず。フランス10年債利回りも変わらずのマイナス0.16%。イタリア10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて1.08%。

原題:European Stocks Rise After EU Reaches a Deal on Recovery Fund(抜粋)

Italy Bonds Pare Gains, Bunds Steady: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE