コンテンツにスキップする

カーライル共同CEOヤングキン氏が退任へ、リー氏が単独CEOに

  • ヤングキン氏は9月末で退社、公共サービスに注力へ
  • ヤングキン、リー両氏は2018年初めに共同CEOに就任

米投資会社カーライル・グループで共同最高経営責任者(CEO)を務めるグレン・ヤングキン氏(53)が退任する。今後はキューソン・リー氏が単独CEOとなる。

  ヤングキン氏は20代でカーライルに就職し、創業者らによって育てられてきた。カーライルの21日発表資料によると、同氏は9月末で退社し、公共サービスへの取り組みに注力する。

  リー氏は2013年に米ウォーバーグ・ピンカスからカーライルへ移ってきた。ヤングキン氏とともにカーライルの共同CEOに就任したのは18年初めだった。

Day Two Of The World Economic Forum (WEF) 2020

グレン・ヤングキン氏

原題:Carlyle Co-CEO Youngkin Steps Down, Leaving Lee in Sole Control(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE