コンテンツにスキップする

ANZ、シニアトレーダーが20億円求め提訴-投稿批判は名誉棄損

オーストラリアの銀行大手、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のシニアトレーダー、ボアチ・オズデミール氏は、自身のソーシャルメディアへの投稿に対する同行の批判が名誉棄損(きそん)に当たるとして提訴した。

  シンガポール在勤のクレジット世界責任者の同氏は3月前半にリンクトインで、新型コロナウイルス流行について中国の責任を問い、米国の社会と政治の状態を批判する投稿を行った。中国に関する発言がソーシャルメディアで攻撃を受け、ANZは投稿が同行の見解を反映したものではなく「投稿者の判断の欠如を明確に示すものだ」とのコメントを発表した。

  ブルームバーグが確認した裁判所提出文書によると、オズデミール氏は銀行側のコメントが名誉棄損に当たるとして少なくとも2000万ドル(約21億4600万円)の支払いを求めている。同氏はニューヨークで訴訟を起こした。ANZのコメントは「中国の金融監督当局による圧力を受けたものだ」とも主張している。

  同氏は削除した投稿をブルームバーグに提供した。

relates to ANZ、シニアトレーダーが20億円求め提訴-投稿批判は名誉棄損

原題:ANZ Trader Sues Bank for Defamation Over Social Media Rebuke(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE