コンテンツにスキップする

マイクロソフト、アップルに反トラスト問題と下院に伝える-関係者

  • 下院司法委員会の反トラスト小委員会に招かれたスミス社長が言及
  • 反トラスト小委はアップルなどのCEOが出席する公聴会を27日開く

マイクロソフトのブラッド・スミス社長は同社が反トラスト法(独占禁止法)に反すると見なすアプリストアに関するアップルの慣行について、米下院議員らに懸念を表明した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  最高法務責任者でもあるスミス社長は反トラスト法を巡ってマイクロソフトが米政府と対立した1990年代後半の自身の経験共有で、下院司法委員会の反トラスト小委員会に招かれた。数週間前のこの機会にスミス社長はアップルの「アップストア」に絡む問題を取り上げたと、関係者が非公開情報だとして匿名を条件に語った。

  同小委はアップルやアマゾン・ドット・コムフェイスブック、グーグルの親会社アルファベットそれぞれの最高経営責任者(CEO)らが出席する公聴会を27日に開催する。

  マイクロソフトの広報担当者は20日、コメントを控えた。スミス社長と反トラスト小委の会合については、ジ・インフォメーションが先に報じていた

原題:Microsoft President Raised Apple Issues to House Antitrust Group(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE