コンテンツにスキップする

トランプ氏、マスク着用は「愛国的」-知事ら行動で突然の方針転換

  • 数カ月の抵抗後にマスク着用は「愛国的」と20日ツイート
  • ペンス副大統領も州によるマスク着用義務化を政権支持と説明

マスク着用を巡る転換点が米政権に訪れたかもしれない。

  新型コロナウイルス拡散防止に重要と広く受け止められるマスク着用に過去数カ月抵抗してきたトランプ大統領は20日、「社会的距離を保てない場合、マスクを着けるのは愛国的だ」とツイート。さらに同日、新型コロナ感染症(COVID19)に関する定例会見を再開すると述べた。ペンス副大統領も州知事らとの電話会議で州単位でのマスク着用義務を政権は支持すると伝えた。  

President Trump Visits Walter Reed National Military Medical Center

マスクを着用したトランプ大統領(メリーランド州ベセスダ、7月11日)

写真家:Chris Kleponis / ポラリス・インダストリーズ / Bloomberg

  マスク着用を巡る政権の方針転換に先立ち、世論調査は全米で増え続ける感染者増加を懸念する市民の大半が、マスク拒否を続けるトランプ氏とは逆に着用を支持する状況を示していた。また、制御不能な感染者急増に見舞われる州では、共和党系の知事がこの問題でトランプ氏と一線を画し始めていた。

  ミシシッピ州のリーブス知事(共和)は20日、コロナの影響が特に大きい23の郡の住民にマスク着用を義務付け、「COVID19は深刻に受け止める必要がある」と会見で発言。「ウイルスはなくならない。命が懸かっている」と付け加えた。

原題:
Trump’s Sudden Push for Mask-Wearing Follows Allies’ Defections(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE