コンテンツにスキップする

IBM 、4-6月期売上高は市場予想上回る-クラウド好調

更新日時
  • 4-6月クラウド収入の合計は30%増-時間外取引で株価上昇
  • IBMのハイブリッド型クラウドに顧客は価値見いだす-CEO

IBMが20日発表した4-6月(第2四半期)決算では、売上高がアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルス感染症(COVID19)の流行でコンサルティングサービス事業が低迷したものの、クラウド収入が下支えした。

  発表資料によると、4-6月期のクラウド収入の合計は前年同期比30%増加し、63億ドル(約6760億円)。総売上高の約56%を占めるテクサポート部門のグローバル・ビジネス・サービスとグローバル・テクノロジー・サービスは減収だった。総売上高は5.4%減の181億ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の176億2000万ドルをやや上回った。

  COVID19がIBMのサービス事業に深刻な打撃を与えたのは、顧客の多くが新型コロナのパンデミック(世界的大流行)中で生き残りを図るため短期的な安定と手元現金の維持に注力するため、情報技術(IT)購入やソフトウエアのアップグレードを先送りしたためだ。ただ、アービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)は、顧客が「前例のない事業混乱の状況下」でIBMのハイブリッド型クラウドプラットフォームに価値を見いだしていると述べた。

  IBMの株価は時間外取引で一時約4.5%上昇した。通常取引終値は126.37ドルだった。

  一部費用を除いた1株利益は31%減の2.18ドルで、アナリストの予想平均である2.12ドルを上回った。

IBM rallied in extended trading following its earnings release

  4月にジニー・ロメッティ前CEOの後任に就いたクリシュナCEOは、IBMが世界的危機を乗り越え、創業109年の歴史で3番目の規模の事業変革を進めるべく陣頭指揮を執っている。同社は事業見直しに伴いここ数カ月に数千人規模の人員削減を実施した。

  同CEOはCOVID19のパンデミックを踏まえ4月に通期利益見通しを撤回しており、20日の4-6月期決算発表時にも新たな業績見通しは提示しなかった。

  同CEOは電話会見で、業績見通しを提供するには「地域や大陸、業界ごとにばらつきが多過ぎる」と説明。4月に90日後に再評価する考えを示していたが、当時は新型コロナ感染状況や経済情勢への影響が落ち着くと「多少楽観していたのかもしれない」と付け加えた。

  IBMが18年に買収を発表したレッドハットの4-6月期への貢献は、繰り延べ収入の会計ルールで調整したベースで8億6700万ドル。

  

原題:IBM Revenue Beats Estimates on Boost From Cloud Demand (2) (抜粋)

(CEOの見解を追加して更新します。更新前の記事はレッドハットの貢献に関する部分を訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE