コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg
cojp

EU92兆円「復興基金」合意-補助金と低利融資、共同で債券発行

更新日時
  • 返済不要な補助金は当初案の5000億ユーロから3900億ユーロに減額
  • 総額7500億ユーロのうち3600億ユーロを低利融資で供与する
Flags of the European Union fly outside the European Central Bank headquarters in Frankfurt, Germany. 
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

欧州連合(EU)首脳会議は5日目の21日未明まで続いたマラソン協議で、新型コロナウイルスで打撃を被る国々を支援する「復興基金」で合意に達した。EUの行政執行機関である欧州委員会がEU全体を代表して債券を発行し、加盟国共同での原資調達に初めて踏み込む。

  実質的な復興基金となる総額7500億ユーロ(約92兆円)の経済再建策のうち、返済が不要な補助金が3900億ユーロとなり、残り3600億ユーロは低利融資で供与される。

  復興基金の約3分の1は気候変動対策に充てられ、EU次期7カ年中期予算と合わせると過去最大規模の環境投資を伴う刺激策となる。パリ協定の温室効果ガス排出量の削減目標との整合性が全ての支出に求められるという。

  今回の合意は、復興基金を当初提案したドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領にとっても勝利を意味する。メルケル氏は「非常に安堵(あんど)している。EUが直面する最大の危機への対応策をわれわれは用意した」と語った。

  イタリア高官によると、欧州の新型コロナ感染拡大の中心となった同国は、初期の見積もりで補助金約820億ユーロ、低利融資約1270億ユーロを受け取ると予想され、復興基金から最大の恩恵を受ける可能性が高い。

  ブルームバーグが確認したミシェルEU大統領(常任議長)の妥協案によれば、欧州委がEU全体を代表し借り入れによる資金調達を行い、2058年までの期間でEU予算から返済する。

  リセッション(景気後退)で最も深刻な打撃を受ける主に南欧諸国の支援で断固とした対応を望む多くの加盟国と、財政規律を重視する欧州北部の国々が対立する中で、行き詰まり打開に向けた努力が17日の首脳会議開幕以降続けられた。首脳会議は異例の4日目まで延長された後、5日目に突入し21日未明にようやく決着した。

  当初案の5000億ユーロという補助金額に反対していたオランダ、オーストリア、デンマーク、スウェーデンの4カ国に対しては、EU予算への拠出金を払い戻す「リベート」が最終的な妥協に盛り込まれた。これら諸国とドイツは7年間で500億ユーロ余りを受け取る見通しだ。

  

Angela Merkel GETTY sub

EU首脳会議に出席するドイツのメルケル首相(7月19日、ブリュッセル)

写真家:Getty ImagesによるFrancisco Seco / AFP

原題:EU Clinches Massive Stimulus Deal to Bind a Continent TogetherEU Edges Toward Massive Stimulus Package With New Proposal (1)(抜粋)

(オランダなどへの「リベート」について追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE