コンテンツにスキップする

ハリバートン、4-6月に予想上回るコストを削減-株価急伸

フラッキング(水圧破砕技術を利用した掘削)サービス最大手の米ハリバートンは、4-6月(第2四半期)に予想を上回るコストを削減した。同社の株価は20日の米市場で大幅に上昇。シェール業界は歴史的な不況にあり、同社は対応を迫られている。

  ハリバートンは20日の発表資料で、ここ数カ月に実施した人員削減と減配を経て、同社は「根本的に異なる道」を進んでいるとの見解を示した。フリーキャッシュフロー(純現金収支)は4億5600万ドル(約490億円)の黒字と、アナリスト予想平均の2倍を上回った。

  チューダー・ピッカリング・ホルトのアナリストは、「予想との比較でとにかく傑出した」決算だと投資家向けリポートで評価。「構造的なコスト削減が明らかに奏功した」と指摘した。

  減損損失を除いた調整後の1株損益は5セントの黒字。アナリスト予想は同12.3セントの赤字だった。20日の米株式市場では株価が一時8.1%上昇、5週間ぶりの大幅高となった。

Halliburton shares rise on better-than-expected free cash flow

原題:Halliburton Rises on ‘Outstanding’ Cuts After Frack Slump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE