コンテンツにスキップする

シェブロンがノーブル・エナジー買収へ、約50億ドル-事業拡大目指す

米エネルギー大手シェブロンは、同業ノーブル・エナジーを全額株式交換により買収することで同社と合意した。買収規模は約50億ドル(約5360億円)。史上最悪の価格急落による打撃が残るエネルギー市場で、さらなる事業拡大を目指す。

  エネルギー業界における大型買収は、新型コロナウイルスの感染拡大で原油価格が急落して以来初めてで、規模は昨年のオキシデンタル・ペトロリアムによるアナダルコ・ペトロリアム買収以来の大きさ。

  この買収によりシェブロンは、デンバー・ジュールズバーグ盆地とパーミアン盆地におけるシェール生産で存在感を強める。パーミアン盆地はかつて米国におけるシェールブームの中心地だったが、このところは掘削が急激に落ち込んでいる。この買収でシェブロンが保有する確認埋蔵量は、2019年末時点での報告に比べて約18%増加する見通しだ。東地中海におけるシェブロンの権益も拡大する。

原題:Chevron to Buy Noble Energy for $5 Billion in Rare Oil-Bust Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE