コンテンツにスキップする

8-9月はリスク資産の「危険ゾーン」に-ストラテジストらが警戒

  • モルガン・スタンレーは現金の積み増しを助言、欧州資産に注目を
  • 大統領選挙などの複数要因でボラティリティー高まる可能性-RBC

向こう2カ月間に市場に迫るリスクに対し、投資家は不用心過ぎる可能性があると、モルガン・スタンレーとRBCキャピタル・マーケッツ、ソシエテ・ジェネラルのストラテジストらが指摘した。

  アンドルー・シーツ氏率いるモルガン・スタンレーのストラテジストは17日付のリポートで、株やクレジットにとって季節的に低迷する8ー9月の「危険ゾーン」に備え、投資を縮小するよう助言した。この時期は米大統領選挙への注目も高まるほか、経済の前向きなサプライズが発表される「異例な」状況が緩やかになる可能性も高いという。

  同リポートは「今後2カ月間は前向きな材料が先細り、季節的にもかんばしくない。さらに短期的なリスクも表面化する」と指摘、現金保有の引き上げや債券市場でのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数の保証購入を推奨した。さらに欧州資産がアウトパフォームする可能性がより高いとして、これに注目するよう助言した。

Volalility measures have been falling as markets normalize

  RBCキャピタルのデリバティブストラテジスト、エイミー・ウー・シルバーマン氏も19日付のリポートで、少なくとも米国では8月にかけて市場が一段と不安定になる可能性があるとの見方を示した。

  財政刺激策が期待されていたほど手厚い内容ではない恐れや、新型コロナウイルスの救済策を巡る議会の行き詰まりといったリスク、さらにテールリスクとして党派対立で新たな支援策が全く通過しない可能性が考えられると指摘した。

  同氏は「8月は起伏の激しい月になる恐れがある」と述べ、「短期的なボラティリティーは上昇するだろう」との見方を示した。

  また、ソシエテのチーフ為替ストラテジスト、キット・ジャックス氏はボラティリティーの再上昇を懸念する投資家は円やスイス・フランといった安全資産を検討すべきだと指摘。20日のリポートで「今年の春はリスク資産にとって素晴らしかったが、われわれは十分な防衛措置を取るよう助言する」としている。

原題:Risk Assets Seen Entering ‘Danger Zone’ in Next Few Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE