コンテンツにスキップする

中国、証券各社を調査-社債引き受け入札で異例に低い応札額

中国企業の社債引き受け競争入札で応札額が異例に低かったとして、国泰君安証券海通証券、中国国際金融(CICC)などが業界団体の調査を受けている。

  中国証券業協会がウェブサイトに19日掲載した資料によれば、問題となっているのは中核融資租賃(CNNCファイナンシャル・リーシング)の起債業務引き受け入札。違反行為が見つかれば同協会による懲罰的措置が証券会社に対し講じられるという。

  平安証券申万宏源証券天風証券中信証券(CITIC証券)、中信建投証券(CSCファイナンシャル)も調査対象になっている。

原題:China Probes Brokerages for Low-Price Bids in Bond Underwriting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE