コンテンツにスキップする

世界の不動産投資は33%減、新型コロナ直撃で1~6月-英サヴィルズ

  • アジア太平洋地域で45%減-最も大きな落ち込み
  • ホテル投資59%減-小売り不動産では41%減った

世界の不動産投資は1-6月(上期)に前年同期比33%減った。不動産ブローカーの英サヴィルズがまとめた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が経済に打撃を与え取引が混乱した。

  同社のリポートによれば、最も大きな落ち込みはアジア太平洋地域の45%減。米州は36%減、欧州・中東・アフリカは19%減った。

  各国のロックダウン(都市封鎖)で観光業が数カ月にわたり事実上止まったことから、ホテル投資は59%減。小売り不動産では41%減った。工業および住宅不動産は比較的良かった。  

  サヴィルズのグローバル資本市場責任者サイモン・ホープ氏は20日の資料で、市況がはっきりするのを投資家は待っており、年内は投資が「パンデミック前の水準を大きく下回り続ける見通し」だと指摘。ただ投資家による物流や住宅、ライフサイエンスなどの分野での資産確保重視により、一部セクターで好調が見込まれるともコメントした。

原題:Global Real Estate Investment Plunges 33% Amid Covid Pandemic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE