コンテンツにスキップする

北京市が緊急対応レベル引き下げ、新型コロナの新規感染2週間なし

  • 20日から緊急対応レベルを「3」に引き下げると市政府の陳副秘書長
  • 公園や美術館、図書館など公共施設も再開へ-利用者は通常の50%で

中国の北京市当局は19日、新型コロナウイルスの新たな感染症例がほぼ2週間にわたって確認されていないことを受け、20日から緊急対応レベルを「3」に引き下げると発表した。

  市政府の陳蓓副秘書長が記者会見で明らかにした。従来の緊急対応レベルは「2」で、「1」が最も深刻なレベルとされる。陳氏は、公園や美術館、図書館などの公共施設について、利用者を通常の50%に抑えて再開することも明らかにした。

  さらに文化公演や展示会、スポーツイベントも、当局の審査後に限られた収容人数で徐々に再開すると語った。

  中国は映画館の営業を20日に再開し、これまで閉鎖されていたジムなど他の施設も後に続く見込みだ。学校は夏休み中だが、9月1日に予定通り再開される見通し。

Subway Recovery Falters

Fewer people in Beijing compared to Shanghai are returning to the subway

Source: Weibo

原題:
Beijing Eases Virus Restrictions After 2 Weeks of No New Cases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE