コンテンツにスキップする

新経連、GoToトラベル事業延期を緊急申し入れ-三木谷代表理事

新経済連盟は18日、政府に対して「GoToトラベル」事業を延期するよう緊急に申し入れた。三木谷浩史代表理事(楽天社長)は、新型コロナウイルスの感染対策と経済活動の両立は重要だが、「コロナがまん延するリスクが極小化したと判断できるまで」延期するべきだなどとコメントした。

  三木谷氏は感染者が急増する中で、このまま始めれば「医療崩壊してしまう地域がでる可能性が危惧される」と指摘。同時に旅行、観光、宿泊業者などに対して、従来の支援措置を継続した上で、詳細な新施策を迅速に設計するべきだとも訴えた。

  GoToトラベル事業は、旅費の一定額を補助するもので、政府は当初、全国を対象に22日から実施する予定だった。しかし、東京都を中心に感染者が急増しているの受け、東京発着の旅行などを対象外とする方針に転換した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE