コンテンツにスキップする

中国当局、華夏人寿保険など9社を管理下に-行方不明の投資家と関連

中国当局は17日、華夏人寿保険など金融機関9社を管理下に置くと明らかにした。9社はいずれも、2017年に香港のホテルで当局に拘束されて以来、公に姿を見せていない投資家1人と関連がある。

  中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)がウェブサイトに掲載した声明によれば、当局の管理下に置かれるのは華夏人寿保険のほかに天安人寿保険、天安財産保険、新時代信託、易安財産保険、新華信託、国盛証券、新時代証券、国盛期貨の9社。

  管理下に置かれても各社の債務履行義務や債権者の権利は変わらず、これまで通り業務を継続していく。

  9社は肖建華氏率いる投資コングロマリットの明天集団と関連がある。肖氏は中国本土を逃れ、数年にわたって滞在していた香港の「フォーシーズンズ」ホテルで17年初めに当局に拘束された。拘束理由については明らかになっていない。

原題:China Takes Over Companies Linked to Disappeared Financier (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE