コンテンツにスキップする

中国の新疆ウイグル自治区、新型コロナ対策強化-ウルムチで6人感染

中国の新疆ウイグル自治区が新型コロナウイルス対策を強化している。北京での感染再拡大を封じ込め、本土での新たな感染例が10日ほど出ていなかった中国で警戒感が広がっている。

  区都ウルムチでは16日からの新たな確認感染例6件、無症状の感染例11例が報告されている。共産党の機関紙、人民日報によれば、これは現地時間17日正午時点での集計。135人が医療観察の対象だという。

  また、中国税関総署が16日公表したリストによれば、アルゼンチンにある7つの食肉処理施設が自主的に中国への輸出を停止した。理由は示されていない。

原題:China’s Xinjiang Ramps Up Virus Controls After New Cases (1)、China’s Xinjiang Reports 5 New Coronavirus Cases: People’s Daily、China Says 7 Argentine Meat Plants Halt Exports Amid Infections(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE