コンテンツにスキップする

モルガンS、株式トレーディング収入でゴールドマンに抜かれる

モルガン・スタンレーは4-6月(第2四半期)に主要事業分野で堅調な業績をあげたが、得意とする株式トレーディング業務で首位の座をライバルのゴールドマン・サックス・グループに奪われた。

  モルガン・スタンレーの第2四半期株式トレーディング収入は26億2000万ドル(約2800億円)に達したが、ゴールドマンの29億4000万ドルを下回った。

  勝敗を分けたのはクオンツヘッジファンドだった。モルガン・スタンレーの株式トレーディングの強さの源はヘッジファンドを顧客とするプライムブローカー業務。同社は特にクオンツヘッジファンドとの取引を深めていたが、こうしたファンドは3月の相場急落後のリスク意欲回復が遅かった。

  モルガン・スタンレーのジョン・プルーザン最高財務責任者(CFO)は16日のインタビューで、「一部顧客のファイナンスバランスは4-6月に上昇した」が、クオンツ投資家全体としては同様のペースでの回復はなかったと述べた。プライムブローカー部門のバランスは3月の低水準から約30%増えたがピークに比べはるかに低かったという。

  データとコンピューターに頼ってシステマティックに取引するクオンツファンドは、利益を増幅させるために借り入れに頼る。これによって相手方の証券会社のファイナンスバランスも高くなる。

  ゴールドマンの株式トレーディング収入はモルガン・スタンレーに比べプライムブローカー業務への依存が低かったことが幸いした。

Title Taken

Goldman Sachs surpasses rival Morgan Stanley in stock-trading revenue

Source: Company filings

原題:Wary Quants Help Goldman Stock Traders Leap Above Morgan Stanley(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE