コンテンツにスキップする

ザッカーバーグ氏、米政府のコロナ対応に「失望」-ファウチ氏と対談

  • 十分な検査を実施せず、専門家の助言を軽視とザッカーバーグ氏
  • 「ここで何らかのリセットが必要だということに強く同意する」

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は新型コロナウイルスを巡る政府の対応に失望していると語り、特に感染拡大の抑制に向けた大規模検査を実施していないことや、マスク着用など公衆衛生上の措置に関する専門家の助言を軽視している点を挙げた。

  ザッカーバーグ氏は米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長との対談で、「十分な検査が実施されておらず、トップクラスの専門家とCDCの信頼性が疑問視されているのは本当に残念だ」と指摘。 「ここで何らかのリセットが必要だということに強く同意する」と述べた。

フェイスブックのザッカーバーグCEO、新型コロナ巡る政府の対応に失望していると発言

(出典:ブルームバーグ)

  両氏はザッカーバーグ氏のフェイスブックのページで対談。ザッカーバーグ氏はユーザーに検証可能な情報を提供する取り組みの一環として、専門家との一連のインタビューを行っている。

  ファウチ氏は、多くの州が適切な感染抑制ができないまま、あまりにも性急に活動再開に踏み切ったと指摘。それが米南西部での感染再拡大につながったと述べた。

原題:
Facebook CEO Tells Fauci He’s ‘Disappointed’ by U.S. on Covid-19(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE