コンテンツにスキップする

NY連銀総裁「YCCは潜在的手段」-ガイダンス有効でない状況想定

  • フォワードガイダンスやコミュニケーションが有効でない状況に言及
  • 「今はリフトオフや正常化について考えるべき時期ではない」と発言

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は16日、債券利回りを一定の水準に誘導するイールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)について、米金融当局が国民に政策メッセージを十分はっきりと理解してもらっていないと感じるようなケースを例に挙げ、「潜在的手段として考えているが、必ずしも特定の状況に対する手段と考えているわけではない」と語った。

  ウィリアムズ総裁はヤフー・ファイナンスとのインタビューで、「フォワードガイダンスや他のコミュニケーションがわれわれが望むほど有効でないと気付く状況」で「恐らく最適だろう」との考えを明らかにした。

  同総裁は「今はリフトオフや正常化、それら全ての言葉について考えるべき時期ではない」と発言。連邦準備制度の現在の政策ガイダンスは「われわれにとってうまく機能している」との認識を示し、それをどう修正すべきか「ある程度考える時間がある」と述べた。

Fed has mostly struggled to hit its 2% inflation target over the past decade

原題:Fed’s Williams: Yield-Curve Control Is Option to Boost Guidance、Williams Says Fed Has Some Time to Debate Its Guidance on Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE