コンテンツにスキップする

ソフバンクVF出資のリレー・セラピューティクス、取引初日は75%高

  • ナスダック上場、終値に基づく時価総額は約30億ドル
  • ビジョン・ファンドが18年の資金調達ラウンドで3億ドル出資

抗がん剤の開発を手掛ける米リレー・セラピューティクスの株価は16日の取引初日を75%上昇して終了した。同社の新規株式公開(IPO)は4億ドル(約430億円)規模となった。

  終値は35.05ドルで、これに基づく時価総額は約30億ドル。ナスダック・グローバル・マーケットに「RLAY」の銘柄コードで上場した。

  同社は15日、2000万株の価格を仮条件の18-19ドルを上回る1株当たり20ドルに設定した。仮条件は16-18ドルから引き上げられ、公開する株数も1470万株から拡大した。

  ソフトバンクグループのビジョン・ファンドは2018年のシリーズC資金調達ラウンドでリレーに3億ドル出資し、株式41%を保有している。リレーは創業以来、数回の資金調達ラウンドで計5億2000万ドルを調達した。

  リレーは新薬候補一つが第1相試験の段階にある。19年の純損益は7500万ドルの赤字。18年は4900万ドルの赤字だった。

原題:
SoftBank-Backed Relay Therapeutics Jumps in Trading Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE