コンテンツにスキップする

J&J、新型コロナワクチン供給巡りEUや日本などと協議中

ヘルスケア製品の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は開発中の新型コロナウイルス向けワクチンの必要な供給量を判断するため、複数の政府や慈善団体と活発な協議に入っている。

  ジョセフ・ウォルク最高財務責任者(CFO)によると、同社は欧州連合(EU)や日本、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と、ワクチン候補の供給確保に関して協議中。「供給量を見極めようとしている」とインタビューで語った。同社は政府や団体と協力し、生産コストおよび研究開発費に基づく「世界共通の価格」を決定する方針だとしている。

原題:J&J in Talks With Countries to Secure, Price Covid-19 Shot (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE